ここから本文です

セクハラ疑惑の人気司会者オライリー氏が降板-米FOXニュース

Bloomberg 4/20(木) 8:34配信

セクハラ疑惑浮上後、休暇を取っていた米ニュース専門ケーブル局FOXニュースの人気司会者、ビル・オライリー氏が看板番組を降板した。高視聴率を誇る同氏の報道番組からの広告スポンサー撤退が相次いでいた。

FOXニュースの親会社、21世紀フォックスは19日、短い発表資料で、「疑惑の徹底的かつ慎重な検討を行った後、オライリー氏との間で、FOXニュースチャンネルに復帰しないということで合意した」と説明した。

オライリー氏は同局の看板キャスターで、約21年前の放送開始以来、同局を代表する顔として存在感を示してきただけに、同氏の退社に伴う視聴者離れを食い止めることができるかどうかが試される。

FOXニュースの別の発表によると、オライリー氏の降板に伴い、午後8時の枠には「タッカー・カールソン・トゥナイト」が午後9時枠から繰り上げられる。

米紙ニューヨーク・タイムズは、オライリー氏(67)から言い寄られた、あるいはわいせつな言葉を浴びせられたと主張する女性5人が、提訴や口外をしないことを条件に21世紀フォックスないしオライリー氏から支払いを受けたと、今月初めに報じていた。

オライリー氏は自身の知名度のゆえに疑惑の標的になっていると主張、FOXもこれまでは同氏を擁護していた。

19日の米株式市場で21世紀フォックスの終値は0.9%安の30.39ドル。

原題:O’Reilly Exits Amid Scandal as Advertisers Force Fox to Choose(抜粋)

Gerry Smith, Anousha Sakoui

最終更新:4/20(木) 8:34

Bloomberg