ここから本文です

DIMENSION、結成25周年を迎えてベスト盤をリリース ツアーも開催

CDジャーナル 4/21(金) 18:06配信

 今年結成25周年を迎えたインストゥルメンタル・バンド“DIMENSION”が、グループ初となるベスト・アルバム『Best Of Best 25th Anniversary』(2CD ZACL-9095~6 3,500円 + 税)を4月26日(水)にリリース。5月24日(水)にはアナログ盤(ZAJL-9095~6 4,500円 + 税)も発売されます。同作を携え、5月からはライヴ・ツアーも開催。

 DIMENSIONは増崎孝司(g)、勝田一樹(sax)、小野塚 晃(key)の3名により結成。1992年にアルバム『ル・マン』でデビューして以降、一度もメンバー・チェンジすることなく活動を続け、多くのフォロワーを生んできました。ベスト・アルバムには、これまで発表された29枚のアルバムの中から、初期~中期の作品を中心にセレクト。J-フュージョンの歴史を知る上でもマスターピースと言えるベスト盤です。CDはリミックスとリマスタリングを施したBlue Spec2仕様。アナログ盤は日本屈指のエンジニア・小鉄 徹のカッティングによる、生音の忠実な再現を目指したダブル・ヴァイナルでのでのリリースとなります。

 リリース記念ツアー〈Live Dimensional-2017~Best Of Best Tour~〉は、5月3日(水・祝)・4日(木・祝)には神奈川・横浜 赤レンガ倉庫 MOTION BLUE YOKOHAMA、5月6日(土)大阪・梅田 Billboard Live OSAKA、5月7日(日)福岡・博多 Gate’s 7、6月11日(日)北海道・札幌 KRAPS HALL、6月16日(金)愛知・名古屋 ボトムラインの5都市6公演。ドラムに則竹裕之、ベースに二家本亮介がゲストとして参加します。

最終更新:4/21(金) 18:06

CDジャーナル