ここから本文です

バルセロナ、ネイマール抜きでクラシコへ…処分撤回求めるも、連盟は拒否

GOAL 4/21(金) 10:00配信

3試合出場停止を科されていたFWネイマールへの処分撤回を求めていたバルセロナだったが、訴えは認められず、“MSN”の一角を欠いて23日に控えるレアル・マドリーとの「エル・クラシコ」に挑むことが分かった。

リーガエスパニョーラ第31節のマラガ戦で、ネイマールは2枚目のイエローカードを受けて退場になった際、第4審判に向かって拍手をするなど侮辱的な態度をとっていた。この行為に対してさらに2試合の出場停止処分を科され、レアル・ソシエダ戦のみでなく、今週末開催予定のサンティアゴ・ベルナベウで行われるレアル・マドリー戦、次週のオサスナ戦に出場できない。

バルセロナはネイマールの行為は第4審判に対してのものではないと抗議したものの、スペインサッカー連盟(RFEF)の上訴委員会は訴えを退けている。しかしカタルーニャのクラブは、スポーツ仲裁裁判所(CAS)へ処分取り消しの訴えを起こすことも可能だが、処分を撤回される可能性は低いようだ。

19日にユヴェントスと引き分け、2シーズン連続でチャンピオンズリーグベスト4を逃したバルセロナにとって、今回のエル・クラシコの重要性は例年以上に高い。首位レアル・マドリーに3ポイントをリードされて迎える23日の一戦に敗れるようなことがあれば、ライバルが2011-12シーズン以来のリーグ制覇に大きく前進し、バルセロナにとって失望のシーズンとなってしまうだろう。

GOAL

最終更新:4/21(金) 10:00

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合