ここから本文です

「ミニスーファミ」発売観測が急拡大 「このソフトを!」希望続出に任天堂は...

J-CASTニュース 4/21(金) 15:47配信

 任天堂が、名機「スーパーファミコン」のミニ版を発売?――そんな噂が、海外メディアを起点に広がっている。

 現時点で任天堂はノーコメントを貫いているものの、ゲームファンの期待はいやでも高まる。早くも、収録されるであろうソフトを予想する、あるいは「この作品をぜひ!」といったリクエストなどが、ネット上では乱れ飛んでいる。

■英国のゲーム系ニュースサイトが報道

 この情報は2017年4月19日(現地時間)、英国のゲーム系老舗ニュースサイト「Eurogamer」が掲載した。「任天堂に近い情報源」の話として、17年のクリスマス商戦の発売を目指して計画が進められており、任天度はすでにその開発に着手しているという。

 スーパーファミコン(スーファミ)は1990年発売された。ファミリーコンピュータ(ファミコン)の覇権を引き継ぎ、全世界で約5000万台を売り上げ、1994年のプレイステーション・セガサターンの登場まで、任天堂の黄金時代を支えた名機である。

 2016年11月に任天堂は、ファミコンを小型化・復刻した「ニンテンドークラシックミニ」を発売、各地で品薄が続くヒット商品になったものの、2017年4月14日付で生産終了をアナウンスした。理由は明かされていないものの、3月発売の新世代ゲーム機「ニンテンドースイッチ」への注力が理由では、との見方が当時はあった(読売新聞など)。

 そこに降ってわいたのが、「ミニスーファミ」発売の噂だ。上記のEurogamerは、スーパーファミコンには多くの名作ソフトがあり、「間違いなくエキサイティング」なニュースだ、と評している。

ドラクエ、FF、聖剣、ロックマンX、ゴエモン、パネポン...

 「ニンテンドークラシックミニ」では、本体に30本のソフトが収録されていた。「ミニスーファミ」発売となれば、同様の形を取るとの見方が強い。

 どんなソフトが名を連ねるのだろうか。ツイッターなどでは、さまざまな意見が挙がっている。

  「マザー2が入っているのなら万難を排して買わねばならぬ」「ドラクエとffと聖剣とシャイニングスコーピオンあれば買いたい」「ロックマンX1から3どれか、ゴエモン3かキラキラ道中この辺り入ってたら即買いやろな」「ミニスーファミ出たらエフゼロやりまくる」「スーパーマリオRPGとヨッシーアイランド、星のカービィSDX入っているなら購入考える」「噂がもし本当ならオウガバトルとカオスシードと海腹川背を入れてあとは任せた」「『パネルでポン』を入れてほしい...やっぱりパネポンはコントローラー握ってカチャカチャ操作するのが一番アツいんじゃ......頼む......」

 など、ほしいソフトを挙げる投稿が、延々と続いている。

 J-CASTニュース編集部が4月21日、任天堂に「ミニスーファミ」発売の計画について取材したところ、任天堂は

  「特に申し上げることはありません。弊社についての噂は数多くありますが、それに対してコメントはしておりません」

 と回答した。

最終更新:4/21(金) 15:47

J-CASTニュース