ここから本文です

GW予約率、国際線は7割超え 国内予約数、大幅増

Aviation Wire 4/21(金) 22:35配信

 全日本空輸(ANA/NH)や日本航空(JAL/JL、9201)など航空11社は4月21日、ゴールデンウイークの予約状況を発表した。対象期間は4月28日から5月7日までの10日間。

【予約状況を表で見る】

 11社の発表値を合計すると、予約数は国際線が前年比7.0%増の60万7811人で、国内線は11.2%増の260万1807人。提供座席数は国際線が4.9%増の77万4296席で、国内線は1.7%増の386万4720席となった。11社平均の予約率は国際線が1.5ポイント上昇し78.5%、国内線は5.7ポイント上昇し67.3%となっている。

 予約数を見ると、国際線はJALが微増で、ANAなどは前年を上回っている。LCC各社は2016年に国際線の新規就航が相次ぎ、前年超えが目立った。国内線はフルサービス航空会社(FSC)、LCCともに、おおむね前年を上回っている。

 出発のピークは各社異なるが、下りは4月29日、上りは5月7日となった。

◆ANA

 ANAの予約数は国際線が前年比7.7%増の26万766人で、国内線は12.0%増の120万9846人。提供座席数は国際線が6.6%増の35万1274席で、国内線は前年並みの187万4316席となった。予約率は国際線が0.8ポイント上昇し74.2%、国内線は6.9ポイント上昇し64.5%となっている。

 国際線は、中国線の予約数が前年を割り込んだものの、そのほかの方面はすべて前年を上回った。特に欧州とアジア・オセアニア、ホノルル方面で好調だという。

 国内線の予約率は、沖縄(70.3%)が7割超えで好調。予約数の伸び率は、関西(17.5%増)などが目立った。

 期間中のピークは、国際線は下り(日本発)が4月29日(93.0%)と28日(89.3%)、5月3日(85.3%)、上り(日本着)は5月7日(91.8%)と6日(90.3%)、国内線は下りが5月3日(92.1%)、上りが5月7日(90.8%)と6日(89.1%)となった。

◆JAL

 JALグループの予約数は国際線が0.3%増の23万2263人で、国内線は12.6%増の78万314人。提供座席数は国際線が1.6%減の28万5862席、国内線は1.6%増の113万3447席となった。予約率は国際線が1.6ポイント上昇し81.3%、国内線は6.7ポイント上昇し68.8%となっている。

 国際線の方面別では、予約率は欧州線(92.1%)と韓国線(90.5%)が好調。特に現地発の需要が旺盛だという。予約数は韓国線(24.4%増)と欧州線(11.8%増)、グアム線(7.7%増)が前年を上回ったものの、それ以外の方面では前年をやや下回っている。

 国内線は、沖縄方面の予約率が78.0%で好調。予約数もすべての方面で前年を上回っている。

 期間中のピークは、国際線は下り(日本発)が4月29日(97.9%)と28日(96.8%)、3日(91.5%)、上り(日本着)は5月6日(98.5%)と7日(96.8%)、5日(91.1%)、国内線は下りが5月3日(91.4%)と4月29日(85.9%)、上りは5月6日(85.7%)と3日(85.6%)、5日(84.6%)、7日(83.7%)となった。

Yusuke KOHASE

最終更新:4/21(金) 22:59

Aviation Wire