ここから本文です

韓国生徒たちの生活、OECD加盟国で最悪

中央日報日本語版 4/21(金) 8:08配信

韓国生徒たちの生活に対する満足度が調査対象である国際協力開発機構(OECD)加盟国で最悪ということが分かった。

OECDは19日(現地時間)、ホームページで報道資料をまとめ、OECD生徒の学習到達度調査の研究結果を発表した。資料によると、韓国生徒たちの幸福度は10点満点で6.36点となった。調査対象になるOECD加盟国72カ国のうち、最下位から2番目だ。韓国より青少年の生活に対する満足度が低い国はトルコ(6.12点)だけだった。

青少年の生活に対する満足度が最も高い国はメキシコで8.27点であり、フィンランド(7.89)やオランダ(7.83)、アイスランド(7.8)、スイス(7.72)が後に続いた。

最下位から3番目となった国は日本で6.8点になり、韓国と日本の青少年は生活に対する満足度が極めて低いことが分かった。今回の調査に含まれたOECD加盟国の平均点は7.31点だ。

生徒たちの満足度に影響を及ぼす要因では、学校生活での試験、勉強のストレスが挙げられた。全世界で平均的に59%の生徒たちは試験を受けることが難しいと心配しており、66%は成績が良くないと答えた。また、生徒たちの55%は、準備ができていても試験をとても心配しているということが分かった。すべての国で女子生徒が男子生徒に比べて試験に対してより心配している。特に、女子生徒の場合、ソーシャルメディアや放送、メディアなどを通してスタイルの良い女性のイメージを頻繁に見る場合、生活に対する満足度が下落する傾向があるということが明らかになった。

今回の研究結果は、72カ国で54万人の満15歳の生徒を対象に実施されたアンケート調査をベースにまとめられた。

最終更新:4/21(金) 8:08

中央日報日本語版