ここから本文です

「ロケ実績」増加 マスコミ注目の熱海が好影響

伊豆新聞 4/21(金) 14:16配信

 ■観光協に申請・相談 マスコミ注目の熱海、好影響

 伊東市観光課は20日までに、市内で映画、ドラマ、CMなどの撮影を円滑に行うため情報提供、公共施設の使用などを支援する2016年度の「ロケ実績」をまとめた。市と伊東観光協会に申請や相談があった件数だけで52件に上り、前年度より21件も増えた。同課は積極的なPRやこれまでの支援の積み重ねに加えて「熱海市がマスコミから注目され、多く取り上げられていることも、伊東市をはじめ伊豆東海岸に好影響を与えているのではないか」と推測する。

 ロケの内容は情報番組、旅番組が多く、ほかは映画、テレビドラマ、プロモーションビデオなど。伊豆急行を通したロケも56件あった。伊東―下田の4市町を取り上げることが多く、伊東市単独は15件。市・観協と伊豆急行を合わせた件数は108件だった。どちらも通さずにロケを行っている場合もあり、実際のロケ件数はさらに多いとみられる。本年度は19日現在で5件という。

 同課はより効果的な支援ができるよう「伊豆急線沿線で協力して伊豆にロケを呼び込みたい」とも話し、今後、東海岸の市町が連携してロケ支援に取り組むことも視野に入れていくという。

最終更新:4/21(金) 14:16

伊豆新聞