ここから本文です

広告メディア評価のIASとGoogleが協業、YouTube広告のブランドセーフティレポート提供へ

4/21(金) 19:06配信

Web担当者Forum

広告メディア評価のIAS(インテグラル・アド・サイエンス)は、Googleと協業し、「YouTube」上で展開する広告のブランドセーフティレポートを提供する、と4月11日発表した。広告掲載面のブランドセーフティは、インターネット広告業界の懸念事項となっており、GoogleとIASは、広告主に対し、YouTube上で展開する広告が広告主の求めるブランドセーフティ要件を満たしているかどうかの計測データを提供する。

IASとGoogleの協業による取り組みにより、広告主はYouTube上で展開する自社広告のブランドセーフティデータを正確に把握し、広告を取り巻く環境を個別に検証できるようになる。IASとGoogleは連携を強化し、インターネット広告業界からの「透明性」への要望に応える、安全で安心なソリューションの開発に取り組んでいくという。

最終更新:4/21(金) 19:06
Web担当者Forum