ここから本文です

滋賀・草津で7月に大相撲巡業 枝川親方「力士を身近に」

京都新聞 4/21(金) 10:55配信

 大相撲草津場所(同実行委員会主催)が7月31日、滋賀県草津市下笠町の総合体育館で33年ぶりに開かれる。同市にゆかりがある枝川親方(元前頭筆頭・蒼樹山)が20日、市役所を訪れ、「お相撲さんと身近に触れ合ってほしい」と来場を呼び掛けた。
 夏巡業の一環。3月の春場所で2場所連続優勝を果たした稀勢の里関ら4横綱をはじめ、幕内や十両の力士など総勢270人が集う予定。公開稽古や取組のほか、子どもが関取に挑む「わんぱく相撲」、技や禁じ手をユーモラスに紹介する初っ切りなどがある。
 草津市の笠縫小に5年まで通っていたという枝川親方は「地元に貢献できてうれしい」と笑顔を見せ、「4横綱の土俵入りは豪華。足を運んで見てもらいたい」と話した。
 チケットは5月9~11日に同体育館で先行販売される。一般販売は5月13日から各プレイガイドで。

最終更新:4/21(金) 10:55

京都新聞