ここから本文です

氷川きよし、明治座公演のお披露目イベントにねずみ小僧姿で登場。「お金は大事につかわないと(笑)」

4/21(金) 16:25配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

“演歌界の貴公子”こと氷川きよしが、4月20日に東京・明治座にて、同場所で6月2日より行う『氷川きよし 特別公演』のお披露目イベントを開催した。

【詳細】他の写真はこちら

ねずみ小僧の衣装で登場した氷川は、共演する小宮孝泰と一緒に第1部の芝居「ねずみ小僧」の世界観を表現した寸劇や、小判に見立てた金色の紙吹雪をバラまくパフォーマンスを披露。

氷川きよし、小宮孝泰が出席した囲み取材の内容は、以下のとおり。

囲み取材インタビュー
Q:今回、どのようなお話になりますか。
氷川:まだ本を拝見していないので……。
小宮:鼠小僧の物語です。かっこよくて、庶民のためになって悪いやつをやっつける。僕は見てのとおりの隠居じじいの役。鼠小僧は盗みはやるけど、ふだんはふだんで暮らしている。そこのところに僕がちょいちょい文句を言ってるけどひっくり返っちゃうみたいな話。なんで僕が話してるの(笑)。
氷川:へえー(笑)。いわゆる勧善懲悪の世界ですよね。

Q:2年ぶりで明治座に帰ってきたということですね。
氷川:そうですね。明治座さんでまた今回も1ヵ月やらせていただけるというのは本当にありがたいですし、お客様にお越しいただいて盛り上げていただきたいと思います。鼠小僧はすごく楽しいというか、幅広い世代の方に楽しんでいただけるので、ぜひご家族でおお越しいただきたいです。チケットはちょっと高額ですけど(笑)。十分にそれ以上のものになるように頑張ります。

Q:鼠小僧は正義のヒーローですけど、どうですか。
氷川:あこがれますね。ドラゴンボールの悟空もあこがれですけど。鼠小僧は少し影があって色っぽくて、庶民の味方で。いろんな面があるような感じがする。本にちょっとロマンチックな部分があるといいなあと期待しています。

Q:いまお願いすれば入るんじゃないですか?
氷川:そうですか。まだ間に合いますか(笑)。
小宮:ロマンチックで非現実的でメルヘンな。隠居にもぜひロマンチックがほしい(笑)。

Q:でもロマンチックな部分があるとファンの方々が焼き餅を焼くのでは。
氷川:そっちのロマンチックですが。恋愛系ではなくて夢がある感じがいいんですけど。夢のシーンがあったり現実ではないような。(会場から「ファンタジー?」)そう、ファンタジーです。さすが。
小宮:きっとファンタジーありますよ。舞台装置もかっこよくてチラシみたいな幻想的な感じになるんじゃないですか。空も飛ぶかもしれませんね。
氷川:僕、それ期待してるんですけど。ワイヤーアクションみたいな。
小宮:ワイヤーアクションは無理でも宙乗りぐらいはできるんじゃないですか。

Q:鼠小僧は昼は普通の職人で、夜は盗賊と二面性のある役。難しいのではないでしょうか。
氷川:僕は二面性があるほうが好きで、以前ドラマでも挑戦させていただきました。まじめばかりでは窮屈なので、影があって二面性があるほうが芝居をしていても飽きない。お客様を芝居でぱっと裏切るような部分があったらいいなと思います。

Q:氷川さん自身も二面性を持っていますか?
氷川:そんなことないですよ。ないつもりでいますが。

Q:二面性がある、ギャップがある女性はどうですか?
氷川:それはちょっと面倒くさそうですね。わかりやすいほうがいい。正直なところ。
小宮:さっき出てきましたが二面性がある役といっても、影があるよりもおっちょこちょいなほうがいいですよ。
氷川:そういうの素敵ですね。二枚目だけどおっちょこちょいで隙がある。そういう役ができるといいですね。

Q:さきほど千両箱からお金を投げるシーンありましたが、実際にお金を投げたいと思うことはありますか。
氷川:お金は大事につかわないと(笑)。いつまでもあるものじゃないので。さすがに投げたいとは思わないです。本物は投げてはバチが当たります。

Q:今日は(お金を投げて)すっきりしましたか。
氷川:思いっきりどっさり投げさせていただいて、すごくすっきりしました。エレベーターの隙間に入って故障しないか心配でしたが。大丈夫かな?

Q:鼠小僧のように氷川さんにとって理想のヒーロー像は?
氷川:弱い人を助けて悪い人を懲らしめるという、勧善懲悪の世界。「ドラゴンボールスーパー」の主題歌をやらせていただいていますが、悟空みたいな感じですね。気さくなんだけど正義感が強く優しい。そういう鼠小僧にしたいですね。

Q:2部の歌謡ショーの内容はどのような感じですか。
氷川:たっぷりと歌をお届けさせていただきます。今スタッフやみんなで考えておりますが、コンサートツアーとはガラっと変えた内容でお客様にご提供させていただきたいと思います。明治座ならではの氷川きよしのコンサートをたっぷりと楽しんでいただける内容にしようと考えております。

Q:長丁場の舞台ですが、どのように体力を維持されますか。
氷川:1日だけ休演日をいただくので、それを目標に規則正しい生活を心掛けます。食生活、散歩、朝早く起きて運動して。9月に40代に突入するので、体のことを気遣いながら健康を心掛けたいです。そしてお客様におみやげをたくさん持って帰っていただける、来てよかったなと思っていただける公演にしたいです。

Q:明治座が30代最後の舞台ですか。
氷川:そうですね。あっというまの10年間でしたね。30代は20代よりも早かった。20代は芸能界に入って右も左も分からずに学ばせていただきましたが、30代は責任が大きくなる年代です。40代になるとまた違った仕事の楽しみ方があると思います。

Q:最後に公演へのPRをお願いします。
氷川:2年ぶりとなります、明治座6月「氷川きよし特別公演」、1月、鼠小僧を演じさせていただきます。僕も興奮と緊張でドキドキしています。ぜひ多くの皆さまに明治座でお芝歌と歌のショーを楽しんでいただきたいと思います。精一杯鼠小僧をつとめさせていただきます。どうぞみなさまお越し下さい。お待ちしています。

リリース情報
2017.03.07 ON SALE
SINGLE「男の絶唱」

氷川きよし OFFICIAL WEBSITE
http://columbia.jp/hikawa/