ここから本文です

「帰農博覧会」ソウルで28日開幕 聯合ニュースと韓国政府共催

4/21(金) 10:20配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の国家基幹ニュース通信社、聯合ニュースは、今月28日から30日までソウル市内のaTセンターで「2017帰農・帰村青年創業博覧会」を開催する。

 「第4次産業革命は青年農民が導く! 」をテーマに農林畜産食品部と共同主催し、農林水産食品教育文化情報院が主管する今回の博覧会には、過去最多の85の地方自治体のほか、多数の機関・企業が参加する。

 今回の博覧会では、政府と地方自治体の帰農・帰村支援政策や有用な情報はもちろん、農業と情報通信技術(ICT)を融合した先端スマートファーム技術と第4次産業革命の事例、青年層向け起業コンテンツ、農機械シミュレーター、ドローンロボットなど、多彩な体験コンテンツが紹介される。

 テーマ館では政府と地方自治体の青年層帰農・帰村支援政策と教育を案内し、農産業分野の相談会とコンサルティングなど、青年層の帰農・帰村活性化のための青年創業館が設けられる。

 また、帰農・帰村、スマート&ICT、モノのインターネット(IoT)、6次産業、第4次産業革命モデルの展示など、先端化された未来農業のビジョンを提示するスマート農業館のほか、各自治体の広報館、30~40代の帰農・帰村希望者と子女のための体験館も設置され、来場客を迎える。

 開幕初日の28日午後には、帰農・帰村と起業のための専門家による特別講義と韓国ベンチャー農業大学が主管する帰農・帰村案内講演が開かれる。

 29日には農村起業コンサルティングと青年帰農成功事例の講演が行われ、29~30日には自治体別の帰農・帰村支援政策発表と、青年農民の成功事例を紹介する特別講演も行われる。

 28日午前11時に行われる開幕式には、金在水(キム・ジェス)農林畜産食品部長官、朴魯晃(パク・ノファン)聯合ニュース・聯合ニュースTV社長など、各界のトップが出席する。

 また、開幕式の前には優秀公務員、優秀地方自治体、帰農・帰村青年創業の授賞式も行われる。

 博覧会の詳しい情報は、ホームページ(www.yfarmexpo.co.kr、韓国語)で確認できる。

最終更新:4/21(金) 13:30
聯合ニュース