ここから本文です

長野智子アナ、危惧しているのは「情報のタコツボ化」テレ朝「サンデーステーション」MCに

スポーツ報知 4/21(金) 6:07配信

 23日にスタートするテレビ朝日系「サンデーステーション」(日曜・後8時54分)のMCを務めるフリーアナウンサーの長野智子(54)がこのほど、スポーツ報知のインタビューに応じた。

 5年半メインを張った「報道ステーション SUNDAY」から引き続いての日曜の報道の顔。時間帯は夕方から夜に変わり「1週間の振り返りはもちろんですが『サンデー―』を見なければ次の週が始まらないというニュースを取り上げていきたい。月曜日に向けてというのは意識していきたい部分」と意気込む。

 週末のテレ朝の報道番組に携わり始めてから17年。時の移り変わりとともに「いまはバランスをもって情報収集する時代」とニュースを取り巻く現状をとらえている。「最近は『情報のタコツボ化』を常に危惧しています。自分の関心あるニュースばかりが上がってくるのは恐ろしい。自分とは意見が違う人の声を聞くのも大事だと思っています」。14年からはインターネットメディア「ハフィントン・ポスト」日本版の編集主幹を務めており、テレビとネットという、それぞれ個性の違うメディアに向き合う毎日。常にバランス感覚は失わないようにしている。

 「私が素直に感じたことを、素直に発信したい」。とりわけ国際情勢には高い関心をもっており「いま、世界全体で起きていることは日本にとっても共有できること。アメリカのこれからがモヤッとしている今、それを直接ぜひ聞いてみたい。できればホワイトハウスでインタビューをしてみたいです」と野望を語った。

 ◆長野 智子(ながの・ともこ)1962年12月24日、米ニュージャージー州生まれ。54歳。上智大外国語学部英語学科卒業後の85年、フジテレビ入社。90年にフリーに転身し、95年に夫の海外赴任に伴い渡米、ニューヨーク大学・大学院の修士課程を修了。帰国後の00年、テレビ朝日系「ザ・スクープ」のキャスターに。身長166センチ。

最終更新:4/21(金) 6:09

スポーツ報知