ここから本文です

豊中で不審物 爆発物処理班が出動

毎日放送 4/21(金) 7:27配信

毎日放送

 20日夜、大阪府豊中市の創価学会の建物の敷地で不審物が見つかったと通報があり、警察の爆発物処理班が出動する騒ぎがありました。

 20日午後9時前大阪府豊中市桜の町にある「創価学会関西戸田記念講堂」で、来訪者から「白いカバンのような不審物がある」とと警察に通報がありました。警察が駆けつけたところ敷地の入口付近に、約30センチメートルほどの白い布製のカバンが落ちているのが見つかり、爆発物処理班が出動、周辺の広範囲に規制線が張られ、自主避難が呼び掛けられるなどの騒ぎとなりました。

 「9時ぐらいに警察が来て、創価学会の方で不審物があるということで、自主避難をすすめられた」(近くにいた人)

 警察が確認したところカバンの中にはアクセサリーなどが入っていて危険物ではなかったとして午前0時前に規制が解除されました。

毎日放送

最終更新:4/21(金) 10:17

毎日放送