ここから本文です

燕・真中監督、バレを直接指導「トップから一発で打った方がいい」

サンケイスポーツ 4/21(金) 7:00配信

 ヤクルトは20日、鹿児島から帰京後に約1時間半の全体練習を行った。真中監督はバレンティンに直接指導。「打つときにコック(手首を折り曲げる動作)するので直球に遅れる。それによって上体も動きすぎる。トップから一発で打った方がいい」と指摘した。打率・254、3本塁打のバレ砲は「しっかり調整したい」。インフルエンザで2軍調整中だった坂口が21日に昇格する。

最終更新:4/21(金) 7:00

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報