ここから本文です

ESM、欧州版IMFになり得る 中銀の刺激策は十分=独財務相

ロイター 4/21(金) 9:52配信

[ワシントン 20日 ロイター] - ドイツのショイブレ財務相は20日、ユーロ圏の金融安全網である欧州安定メカニズム(ESM)を近い将来に欧州版国際通貨基金(IMF)に改編することは可能との見解を明らかにした。

IMF関連の会合に出席するために訪問しているワシントンで述べた。

ESMを「欧州通貨基金」に短期間で改組することはできるかとの質問に対し「そう思う」と答えた。

財務相は今後ユーロ加盟国に新たな支援を開始する際はIMFを外し欧州の管理下で行うべきと主張した。

また「現在の状況を踏まえれば、欧州の統合に向けてさらなる措置が可能と考えるのは現実的ではない」との認識を示した。

「喫緊の問題に対して欧州による解決策を見いだす必要がある」とし、英国が欧州連合(EU)離脱を決めたことを受けて、EUは「意欲的な」国による連合を目指すべきとの見解を示した。

「世界に債務は不足していない。中央銀行の流動性(供給)も足りている」と述べ、中央銀行はこれまでに十分な景気対策を行ったとの認識を示した。その上で「だが多くの国では必要な改革が実行されていないために生産性と競争力が不十分だ」と指摘した。

最終更新:4/21(金) 9:52

ロイター