ここから本文です

ウッズ、また腰を手術=全治6カ月、復帰目指す―男子ゴルフ

時事通信 4/21(金) 9:21配信

 【ニューヨーク時事】男子ゴルフの元世界ランキング1位で、現在はツアー大会から遠ざかっているタイガー・ウッズ(米国)が20日、痛めている腰の手術を受けたことを明らかにした。全治は約6カ月。自身の公式サイトで「手術はうまくいき、これで腰の張りや痛みがなくなると思う。回復して、また大会に出られることを楽しみにしている」と述べ、復帰を目指す考えを示した。

 ウッズは2014年3月と15年9月に腰の手術を受け、今年1月には1年5カ月ぶりにツアー大会に復帰。しかし、患部の状態は好転せず、再び休養していた。 

最終更新:4/21(金) 9:25

時事通信