ここから本文です

リオ金のロリンズ、1年資格停止=米国反ドーピング機関

時事通信 4/21(金) 10:08配信

 【ニューヨーク時事】米国反ドーピング機関は20日、昨年8月のリオデジャネイロ五輪陸上女子100メートル障害で金メダルを獲得したブライアナ・ロリンズ(25)がドーピング検査に必要な居場所情報の開示を怠る違反を犯したため、1年間の資格停止処分を科した。期間は昨年12月19日から。

 違反は昨年4月から9月にかけて3度あり、3度目の情報開示を怠った9月27日以降の競技成績が抹消される。 

最終更新:4/21(金) 10:15

時事通信