ここから本文です

花見の次はビアガーデンで乾杯! 京都、はや続々オープン

京都新聞 4/21(金) 23:08配信

 初夏の訪れを前に、京都市内の百貨店やホテルでビアガーデンのオープンが相次いでいる。21日夜も屋外はややひんやりしていたが、仕事帰りの会社員らがにぎやかにビールのジョッキを傾けた。
 京都高島屋(下京区)は昨年より約2週間早い今月12日に開業した。会社員以外に家族連れの来場も多く、20日までに約600人が利用するなど盛況という。
 21日の最高気温は平年並みの21・2度。日が落ちると屋上には時折冷たい風も吹いたが、訪れた客は楽しげに乾杯の発声を響かせていた。伏見区の会社に転職したばかりという会社員松村悟司さん(28)=兵庫県西宮市=は、同僚が開いてくれた歓迎会で訪れ、「新しい職場もいい人たちばかり。お酒もおいしいし、最高です」と笑顔で話した。
 この日は京都タワーホテル(下京区)のビアガーデンもオープンした。京都新阪急ホテル(同)は5月9日、大丸京都店(同)は5月26日の開始を予定している。

最終更新:4/21(金) 23:18

京都新聞