ここから本文です

Lightning直結で充電にも対応するイヤホン「RAYZ Plus」、auが先行発売

Impress Watch 4/21(金) 12:06配信

 KDDI、沖縄セルラーは、iPhoneやiPadのLightning端子に直結するイヤホンで、iPhoneなどを充電できるジャックも備えた「RAYZ Plus」を、「au +1 collection」で発売した。5月21日まではauの独占販売で、KDDI直営店ではデモ機材も用意される。「RAYZ Plus」の価格は1万5800円(税抜)。

【この記事に関する別の画像を見る】

「RAYZ Plus」

 「RAYZ Plus」は、オンキヨー&パイオニアイノベーションズが2月15日に発表したイヤホン「RAYZ」シリーズの1つで、Lightning端子に直結する有線タイプでありながら、iPhoneなどを充電できるLightning端子(ジャック)も装備しているのが特徴。

 アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しているほか、逆に周囲の音を取り込むHearThru機能や、装着検知機能、イヤホンに搭載のマイクとアプリが連携してユーザーの耳に合わせた音の最適化が行えるなど、さまざまな拡張性を備える。製品の詳細は、2月15日のニュース記事、発表会のレポート記事を参照していただきたい。

 KDDIはまた、Bluetoothイヤホンの「urbanista BERLIN」を5月中旬に「au +1 collection」として発売する。シンプルなデザインに絡みにくいフラットケーブルを組み合わせた製品で、auオリジナルカラーとしてローズゴールドもラインナップされる。同製品は通常、5000円前後で販売されている。

urbanista BERLIN

ケータイ Watch,太田 亮三

最終更新:4/21(金) 12:06

Impress Watch