ここから本文です

違法賭博疑惑の遠藤要 仕事復帰の舞台あいさつで謝罪「役者道を突き進む」

東スポWeb 4/21(金) 20:40配信

 違法賭博疑惑を報じられ、謹慎処分となっていた俳優の遠藤要(33)が21日、都内で行われた映画「GRAY ZONE」の舞台あいさつに登場した。

 遠藤は2月にタレント・清水良太郎(28)とともに闇カジノに出入りする写真を写真誌に掲載された。違法賭博行為自体は否定したが、遠藤は所属事務所から謹慎処分を受けていた。処分を受けてから2か月が経った今月10日に解除され、この日が仕事復帰となった。

 スーツ姿の遠藤は「この場をお借りして伝えたいことがあります。陰でいつも支えてくれているファンの皆様、作品に携わってきたスタッフ、関係者、共演者の皆様。そして自分と関わりのあるすべての皆様にご心配、ご迷惑をお掛けしたことを心からおわびいたします。大変申し訳ございませんでした。本当にすいませんでした」と謝罪。さらに「今まで以上に努力を重ね、役者道を突き進んでいく所存です」と誓った。

 遠藤たちがしてしまったことを暗示するかのようなタイトルの「GRAY ZONE」はバイオレンスアクション映画。暴力団の組幹部を演じるIZAMは「ヴィジュアル系出身で、もともとは化粧してバンドやっていたんですが、いつの間にか組の幹部の役をやるようになりました」。IZAMは年齢非公開なのだが「あさってで45になります。非公開なんですけど、マスコミの皆さん書いちゃうんだもん。もういいですよ」と“解禁”していた。

最終更新:4/21(金) 20:40

東スポWeb