ここから本文です

佐渡・相川地域が初の1位 県内観光地 満足度調査 新潟

産経新聞 4/21(金) 7:55配信

 県が実施した観光地や温泉地の満足度の調査で、佐渡市相川地域が初めて「総合満足度」の1位となった。前回まで3回連続で1位だった阿賀野市の五頭温泉郷は2位となり、3位は十日町市の松之山温泉だった。五頭温泉郷はリピーター率ではトップで、根強い人気をみせている。

 調査は5回目で、対象期間は平成27年秋季と28年冬、春、夏の各季。111の施設について延べ1万2761人が回答した。

 大変満足▽満足▽やや満足-の3つを合わせた総合満足度で最高だった相川地域は、ベスト5入りも今回が初めて。前回に続き5位までに入ったのは五頭温泉郷だけだった。

 相川地域は佐渡金銀山などの名所をはじめ、美しい夕日を堪能できる温泉地もあり、県交流企画課は「観光地としての魅力が大きい」としている。

 一方で、来訪が2回以上のリピーターの割合は、最も高い五頭温泉郷が2・9ポイント増の72・8%。2位は田上町の湯田上温泉で12・0ポイント増の68・8%、3位は湯沢町の湯沢温泉で2・3ポイント増の67・9%だった。満足度では最高の相川地域はリピーターの割合は35・4%で最も低かった。

 県全体の総合満足度は87・5%と前回より0・2ポイント上がった。宿泊施設と食事への評価が高く、県平均のリピーターの割合は3・6ポイント増の57・4%だった。

最終更新:4/21(金) 7:55

産経新聞