ここから本文です

メンタル最強の棚橋をへこます“NGワード”

4/21(金) 22:14配信

東スポWeb

 新日本プロレスの棚橋弘至(40)が21日、東京・中央区の八重洲ブックセンターで行われた自著「史上最強のメンタル・タフネス」(PHP研究所、税別1400円)の出版記念イベントに出席した。

「生まれてから疲れたことがない男」として知られる棚橋が、ストレス社会に悩む人々に独自のメンタル強化術を披露したもの。「万人に読んでほしい。メンタルが強い人はもっと強くなるし、優柔不断な方も決断までの最短距離が書いてある。第5章には『毎日プロテインを飲め』と書いてあるので体を大きくしたい人にも」とアピールした。

 またメンタルの強さに定評があることについては「試合内容、発言に対しても賛否両論を巻き起こして本物だと思う。ボクは誉められることが大好きだけど、悪いところを指摘されるのもうれしいので無敵」と言ってのけ、胸を張った。

 そんな男でも、時には心にグサリと刺さる言葉がある。唯一腰にあるのはNEVER無差別級6人タッグベルトだけで、IWGPヘビー王座からは2年以上も遠ざかっている。そんな状況で「ボクはメディア(出演)やサイン会などのイベントに積極的に出るので、ファンの方は忙しいと思っている。すべてプロレスのためにやっているのに『プロレスも頑張ってください』と言われると…」と口にし、周囲を笑わせた。

最終更新:4/21(金) 22:17
東スポWeb