ここから本文です

<入れ墨>医療か、芸術か…医師法違反争い、26日初公判

毎日新聞 4/21(金) 14:30配信

 ◇大阪・略式起訴の彫り師

 入れ墨(タトゥー)は「医療」か、「芸術」か--。医師免許を持たずに入れ墨を客に施したとして、医師法違反罪に問われた大阪府内の彫り師、増田太輝被告(29)の初公判が26日、大阪地裁で開かれる。検察側は肌を傷つける入れ墨を医療行為と指摘する一方、増田被告は「入れ墨は芸術で治療目的ではない」と無罪を主張する方針。弁護人によると、入れ墨を巡って同法違反罪が公判で争われるのは初めて。【原田啓之】

 入れ墨は針や刃物で皮膚を傷つけ、そこに墨やインクを定着させて絵や文字を描く行為。増田被告は2014年7月~15年3月、大阪府吹田市のスタジオで女性客3人に入れ墨をしたとして略式起訴された。

 入れ墨を「医療」と定めた明文規定はなく近年まで黙認されてきた。しかし、入れ墨と同様に針を皮膚に刺して眉などを描く「アートメーク」で健康被害などのトラブルが多発。厚生労働省は01年、「針に色素を付けて皮膚に入れる行為は医療に当たる」と通達し、業者らの摘発が各地で相次いだ。

 同様の事件では公判を開かない略式命令で罰金となるケースが多いが、増田被告は「タトゥーに医師免許が必要なのは納得できない」として正式な公判を求めた。

 増田被告のスタジオはマンションの一室にあり、入れ墨を彫る電動式の機械や約20種類のインクなどが整然と置かれている。客の多くは30~40代の男女。動物や文字の図案が多く、増田被告は「タトゥーは客の思いを表現する芸術。針を使い捨てにするなど、衛生面に気を使えば問題ない」と話す。

 弁護人の亀石倫子弁護士によると、公判前整理手続きでは、検察側が「入れ墨で炎症や感染症を起こす恐れがあり、医師でなければ危険」と指摘。弁護側は「医師でなくても健康被害は予防できる」と反論し、規制は憲法が保障する職業選択の自由や表現の自由に抵触すると主張している。

…………………………

 ◇愛好者増も、衛生知識必要

 日本では入れ墨に否定的なイメージがつきまとう一方、若者の間では近年、「タトゥー」として広まりつつある。しかし、入れ墨を一度入れると消すのは容易ではなく、感染のリスクもある。

 入れ墨の歴史は古く、3世紀ごろの日本を描いた「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」や8世紀に編まれた古事記に入れ墨の記載がある。

 江戸時代には罪人の印として入れ墨が使われ、明治政府は風俗の乱れを取り締まるために法律で禁止した。現代では暴力団組員らが背中一面に入れ墨を施すイメージから、抵抗感を示す人が多い。

 一方、欧米では日本ほどタブー視されておらず、欧米風に体の一部にファッション感覚で文字やイラストを入れ、芸能人やスポーツ選手にも愛好者が増え始めている。ただ、入れ墨の除去にはレーザー照射や皮膚の切除、移植などの方法があるが、健康保険がきかない自由診療のため、費用が100万円を超えることもあるという。

 茶山一彰・広島大大学院教授(消化器・代謝内科学)によると、タトゥーが原因でC型肝炎の感染が疑われる例もあるといい、「針の使い回しなどは感染の危険性を高める。正しい衛生管理と知識が必要」と指摘する。【原田啓之】

最終更新:4/21(金) 15:11

毎日新聞