ここから本文です

「神田の肉バル RUMP CAP」が2周年 記念イベントも /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 4/21(金) 17:45配信

 神田駅前の「神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)」(千代田区鍛冶町2)が4月15日で2周年を迎えた。(神田経済新聞)

「ビーフアウトサイドスカート(ハラミ)」

 カウンター席に囲まれたアイランド型のチャコール・グリルで焼き上げる炭火焼きステーキなどを提供する同店。牛1頭から5キロほどしか取れない牛肉の希少部位「ランプキャップ」を看板メニューに、肉料理に合うワインなども用意する。

 今月25日のディナータイムにには2周年記念として、塊肉ステーキ全種(7種)と、ボトルワインやシャンパン全種(40種以上)を半額で提供する。

 イベントの肉のメニューは、「ビーフランプキャップ」(180グラム=785円~、通常1,570円~)、「ビーフサーロイン」(同925~、通常1,850円~)、「ビーフアウトサイドスカート(ハラミ)」(同625円~、通常1,250円)、「Tボーンビーフ」(400グラム1,990円、通常3,980円)など。カイノミや、ヒレ、ハツの炙(あぶ)りも用意する。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時30分、ディナー=17時~23時30分。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/21(金) 17:45

みんなの経済新聞ネットワーク