ここから本文です

「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」が初Blu-ray化。8月29日発売

Impress Watch 4/21(金) 13:18配信

 バンダイビジュアルは、ガンダムシリーズ初のOVA作品として、1989年に制作された「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」を4KスキャンとHDリマスターによりBlu-ray化、「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 Blu-rayメモリアルボックス」として、8月29日より発売する。価格は15,000円。品番はBCXA-1253。

【この記事に関する別の画像を見る】

 同作の初Blu-ray化で、「4Kスキャン&HDリマスターにより鮮やかによみがえる」としている。本編ディスクは2枚組。収録時間は168分(本編6話163分+特典映像5分。アスペクト比は4:3(1080p)、音声はリニアPCMステレオ。

 映像特典はOP&ED、PV&CM集、ミュージッククリップ集、音声特典は新録オーディオコメンタリー。封入特典は特製ブックレット(100P予定)と、小説「クリスが見る夢」(月刊アニメージュ1989年4月号付録復刻版)。BOXイラストは窪詔之描き下ろしで、インナージャケットは美樹本晴彦描き下ろし。

あらすじ

宇宙世紀0079。ジオンのサイクロプス隊が、連邦軍北極基地を襲撃した。目的は新型ガンダム・アレックス。だがアレックスは間一髪のところで破壊を免れ、サイド6へ向けて飛び立った後だった。そのサイド6に住むアルは、初めてのモビルスーツ戦を目撃。撃墜されたザクを追って、パイロットのバーニィと出会う。

髙山文彦(監督)コメント

四半世紀前の作品がブルーレイで出ることになった。
自分が関わった過去の作品である。恥ずかしい。ましてや監督なんてやっていた日には、これは死ぬほど恥ずかしい。
豆腐の角に頭をぶつけたくなる。フィルムを焼却して無かったようにふるまう手もアリだが、現実には多くの人の手助けを得て出来上がったものだから、そういうわけにもいかぬ。参った。まさに後悔先に立たず。
ここは一つ、観客の皆様には、寛大な気持ちでご覧になって頂きたい。
ソフトを購入して、中身を見ずに棚に収めておくだけ、という手もアリだと思います。

AV Watch,臼田勤哉

最終更新:4/21(金) 13:18

Impress Watch