ここから本文です

坂本浩一ゆかりの特撮&アクション映画祭、劇場版「仮面ライダーW」上映やトークも

4/21(金) 16:30配信

映画ナタリー

「東京特撮&アクションフィルムフェスティバル」が、東京・角川シネマ新宿にて5月7日に開催される。

【写真】「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」 (c)2010劇場版「W・ゴセイジャー」製作委員会(他25枚)

これは坂本浩一の監督最新作「破裏拳ポリマー」の公開を記念し、彼ゆかりのアクション映画を集めた上映イベント。桐山漣と菅田将暉が主演し、坂本がメガホンを取った「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」、坂本をアクション業界に誘うこととなったジャッキー・チェンの代表作「ドランク・モンキー/酔拳」がスクリーンにかけられる。

各作品の上映後には、それぞれ「坂本流最新特撮アクションについて」「アクション映画監督・坂本浩一のルーツ」をテーマにトークショーも実施。ゲストとして、「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」にも参加した「轟轟戦隊ボウケンジャー」の出合正幸、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」のスーツアクター・人見早苗も登壇する。

来場者には「破裏拳ポリマー」グッズがプレゼントされるほか、抽選で翌5月8日に開催される同作の試写会への招待も。チケットは、ドリパスにて本日4月21日の18時に発売される。

タツノコプロ創立55周年作品にあたる「破裏拳ポリマー」では、元ストリートファイターにして探偵、そして“破裏拳”の達人である鎧武士(よろいたけし)の活躍が描かれる。溝端淳平、山田裕貴、原幹恵らが出演した。5月13日より全国でロードショー。

東京特撮&アクションフィルムフェスティバル
2017年5月7日(日)東京都 角川シネマ新宿
開場 18:30 / 開演 19:00 / 終演 22:50
<上映作品>
「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」
「ドランク・モンキー/酔拳」
<登壇者>
坂本浩一 / 出合正幸 / 人見早苗
料金;2000円(2作品通し)



(c)2017「破裏拳ポリマー」製作委員会 (c)タツノコプロ

最終更新:4/21(金) 16:30
映画ナタリー