ここから本文です

G20 為替・貿易めぐり対立も 財務相会合きょう開幕

産経新聞 4/21(金) 7:55配信

 世界経済の課題を議論する20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が20日(日本時間21日午前)、米首都ワシントンで開幕する。保護主義的な政策を強めるトランプ米政権は輸出に不利になるドル高の是正に意欲を見せており、各国が反発する場面も想定される。

 日本からは麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁が出席する。

 世界経済は回復しつつあるが、シリアや北朝鮮情勢の緊迫化に加え、仏大統領選で欧州連合(EU)離脱派の支持が広がるなど、リスクはくすぶっており、各国が影響などを議論する。今回の会合では共同声明は採択しない見通しだ。

 また、21日からは国際通貨基金(IMF)の運営方針などを決める会合を開く。理事国の代表らでつくる国際通貨金融委員会(IMFC)が出す共同声明の「反保護主義」の記述をめぐり、攻防がありそうだ。

最終更新:4/21(金) 7:55

産経新聞