ここから本文です

Dell、Xeon/Radeon Pro搭載のクリエイター向け27型4K液晶一体型ワークステーション

Impress Watch 4/21(金) 14:42配信

 米Dellは20日(米国時間)、米ラスベガスにて開催中の放送機器展「NAB 2017」にて、27型液晶一体型ワークステーション「Precision Workstation AIO 5720 (以下Precision 5720)」を発表、米国にて発売開始した。最小構成の米国価格は1,699ドルから。

【この記事に関する別の画像を見る】

 Precision 5720は、映像編集やアニメーター、サウンドエンジニアなどのデジタルコンテンツ制作者向けの製品で、10億色表示可能なAdobe RGBカバー率100%の27型4K「InfinityEdge」液晶を搭載する。

 また液晶一体型ながら音響にもこだわっており、スピーカーを10基と、1チャネルあたり50W出力できるデジタルアンプを搭載し、スタジオ品質の制作、編集、再生を1台で完結できるとしている。

 そのほか、プロ向けアプリの動作を保証するISV認定の取得や、第7世代CoreまたはXeonプロセッサ、AMD Radeon Pro GPUを搭載し、VRに対応する。

 主な仕様は以下の通り。

 インターフェイスはThunderbolt 3×2、USB 3.0×5、IEEE 802.11ac+Bluetooth 4.1、Gigabit Ethernet、DisplayPort 1.2、SDカードリーダ、音声入出力など。

 本体サイズ/重量は、タッチ非対応モデルが613×77.5×430mm(幅×奥行き×高さ)/11.3kg、タッチ対応モデルが625×80.2×435mm(同)/16.9kg。

■Dell Canvasは夏発売に

 NAB 2017では、CES 2017にて発表された液晶一体型ペンタブレット端末「Dell Canvas」(Surface Studioを越える使い勝手を実現できるDellの「Canvas 27」)も展示される。

 同社では発売に向け、一部パートナーを対象に展開中の早期評価プログラムを拡張していく予定で、製品発売は2017年7月初頭としている。CES発表時点では予価1,499ドルとされていたが、今回発表の米国価格は1,799ドルとなっている。

PC Watch,佐藤 岳大

最終更新:4/21(金) 14:42

Impress Watch