ここから本文です

宇野はフリー2位 総得点は初めて羽生超えも謙虚「特に何も思わない」

4/21(金) 22:13配信

デイリースポーツ

 「フィギュアスケート・国別対抗戦」(21日、代々木競技場)

 男子フリーが行われ、SP1位の宇野昌磨(19)=中京大=はフリーで初めて4回転フリップを後半に組み込む演技に挑戦し、後半のフリップは転倒したが、堂々たる演技で2位となった。

 世界王者で、SPは7位に終わった羽生結弦(22)=ANA=は、史上初めて基礎点が1・1倍となる後半に3本の4回転ジャンプに成功。3月の世界選手権でマークした223・20点の世界記録更新はならなかったが、今季3度目の200点超えとなる200・49点をマークし、1位。日本は2日目終わって、首位をキープした。

 フィニッシュポーズを解いた宇野は、表情も崩さず、ただ鼻をさすった。1位だったSPに続き、フリーも力強い演技で羽生に次ぐ2位に入り、首位のチームをけん引。今大会は総得点での順位はつかないが、計11度目の“対決”で、初めて羽生を上回った。

 「(総得点での羽生超えは)特に何も思わない。チームを引っ張ってるのはユヅくん。僕は迷惑を掛けないように、やるべきことをやっただけ」と、事も無げに言ってのけた。