ここから本文です

<科学技術投資>官民計24兆円に増 20年度

毎日新聞 4/21(金) 21:56配信

 政府の総合科学技術・イノベーション会議(議長・安倍晋三首相)は21日、2020年度の科学技術分野への投資額を官民で計24兆円に増やす方針を決めた。技術革新を促すため、国と地方自治体が6兆円、民間が18兆円とする。安倍首相と経団連の榊原定征会長が表明した。

 20年度は、政府の第5期科学技術基本計画(5カ年)の最終年度。第4期最終の15年度の計約18兆円から大幅に増やす。

 政府は20年度までに国内総生産(GDP)を600兆円とする目標を掲げている。同計画では、国と自治体の科学技術分野でその1%を担うとされ、それが6兆円だ。

 国だけで18年度から3年間で9000億円増やして4兆4000億円にするという。ただ財政状況が厳しいため、政府は、建設現場へのIT導入など新しい科学技術を導入すれば、これまで別予算だった事業も含めることにした。“看板の掛け替え”とも言え、実際に投じる金額や効果が小さくなる可能性もある。【酒造唯】

最終更新:4/21(金) 21:56

毎日新聞