ここから本文です

Airbnbの国内旅行、ゴールデンウィーク期間の利用者が前年から82%増加

Impress Watch 4/21(金) 22:05配信

 4月29日から5月7日までの大型連休期間に、Airbnbを利用して国内旅行で宿泊する利用客は、4月10日時点で対昨年度82%の増加率になっていることが同社の発表で明らかになった。期間中の平均宿泊日数は5日間(2016年は3日間)で、連泊での積極的な利用が伸びている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 平均宿泊人数は3名で、グループでの宿泊利用も多く見られた。なお、人気訪問先のトップ5は以下のとおり。

1位:沖縄県宮古島市
2位:鹿児島県鹿児島市
3位:神奈川県小田原市
4位:広島県尾道市
5位:愛媛県松山市

 宿泊のほか、「琴 着付け体験」や「生け花体験」など「体験」予約も受け付ける。また、現地に精通したエキスパートが穴場スポットを紹介する「ガイドブック」の紹介など、民泊資源を活用した幅広い提案を行なう。

トラベル Watch,編集部:佐久間太郎

最終更新:4/21(金) 22:05

Impress Watch