ここから本文です

G大阪、監督の起用ズバリ=18歳堂安も初ゴール-Jリーグ

時事通信 4/21(金) 23:30配信

 G大阪の長谷川監督の思い切った起用が当たった。長くチームを引っ張ってきた37歳の遠藤をベンチに置き、堂安、泉沢、藤本の3人を今季初めて先発メンバーに抜てき。チームは今季最多の6得点を挙げ、3戦ぶりの白星を手にした。

 主導権を引き寄せたのは泉沢だった。前半16分に左サイドから井手口にパスを出し、先制ゴールを演出。同41分には自ら追加点を奪った。

 そして後半17分には「結果を出してやろう」と意気込んでいた堂安が、待望のJ1初ゴール。ペナルティーエリア右外からグラウンダーの強いシュートを放ち、ゴール右隅へ。期待を集める18歳は「みんなから(初ゴールが)遅いと言われた」と苦笑い。同32分にもゴールを奪い、長谷川監督は「やっといいところが出た。経験を積んで大きな選手になってほしい」と目を細めた。

 若手や出場機会が少ない選手の活躍は大きな収穫で、長谷川監督は「なかなか先発のチャンスがない選手が結果を出してくれた。大きな勝利」と、ご満悦だった。

最終更新:4/21(金) 23:35

時事通信