ここから本文です

【MLB】S.ソーザが3安打3打点、レイズはタイガースを3タテ

ISM 4/21(金) 16:43配信

 タンパベイ・レイズは現地20日、地元でデトロイト・タイガースと対戦し、8対1で快勝。スティーブン・ソーザ外野手が一発含む5打数3安打、3打点の成績で打線をけん引した。

 ソーザは1点を追う初回に先頭でツーベースを放って同点のホームを踏むと、2回には2死一、三塁で勝ち越しの2点タイムリースリーベース。8回にはダメ押しの3号ソロと大活躍だった。

 27歳のソーザは、「自分の力をありのままに出しているだけ」とコメント。「いろいろと考え過ぎて、自分にプレッシャーをかけてしまう。何年もそうやってきてしまった」と語っている。

 一方、タイガースはレイズとの3連戦で合計21失点して全敗。失策数こそ2だが、捕れたはずの打球をヒットにするシーンも目立ち、ブラッド・オースマス監督は「率直に言って、自分がタイガースに来てから最低の守備だったシリーズだ」と嘆いていた。(STATS-AP)

最終更新:4/21(金) 16:43

ISM