ここから本文です

「還付金」と電話 50万円振り込む 郡山、被害免れる

福島民報 4/21(金) 9:44配信

 郡山署は20日、福島県郡山市の70代男性が市職員と金融機関職員を名乗る男から電話を受け、現金約50万円を指定された口座に振り込んだと発表した。振込先の銀行が手続きを完了させなかったため被害は免れたが、同署は詐欺容疑事件として捜査している。 
 同署によると、20日午前11時50分ごろ、男性方に市職員を名乗る男から、「還付金がある。通知書は届いているか」などと電話があった。さらに、金融機関職員をかたる男から電話で現金自動預払機(ATM)に行くように指示された。 
 男性は市内のATMコーナーで携帯電話で男の指示を受けながら、指定された口座に現金約50万円を振り込んだ。振込先の銀行が不審な振り込みとして、手続きを完了させず郡山署に通報した。 

福島民報社

最終更新:4/21(金) 11:03

福島民報