ここから本文です

G20開幕 貿易や為替で協調なるか

産経新聞 4/21(金) 12:31配信

 【ワシントン=小雲規生】世界経済の課題を議論する20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が20日、米ワシントンで開幕した。トランプ米政権が保護主義的な主張を繰り返すなか、貿易や為替相場に関して協調を示せるかどうかが焦点となる。21日の閉幕後に議長国ドイツのショイブレ財務相が記者会見するが、共同声明は採択されない見通しだ。

 日本からは麻生太郎財務相と黒田東彦日銀総裁が出席した。会議に先立ち、麻生財務相はムニューシン米財務相らと会談し、経済情勢について意見交換した。

 トランプ氏はG20会合を控えた12日、「ドルは強すぎる」と発言。ドル高が米企業の競争力を損ねているとの不満を示した。米財務省はG20で為替問題の重要性を強調するとしている。

 またトランプ氏は米国の貿易赤字の大きさを問題視し、外国からの輸入品に高い税金をかけるなどとしてきたが、自由貿易を損ねることでかえって経済を縮小させるとの批判も多い。黒田総裁は開幕前、記者団に「自由貿易や経済のグローバル化を逆行させることが適切な対応策であるとは考えていない」と語った。

 G20ではこのほか、米国の堅調な成長や各国での循環的な生産回復で明るさが増してきた世界経済の現状についても確認する。一方、フランスでの大統領選や英国で決まった前倒し総選挙などの政治的な不透明さや、北朝鮮の核問題や中東情勢など地政学的リスクが経済活動に与える影響についても話し合われる見通しだ。

最終更新:4/21(金) 12:31

産経新聞