ここから本文です

シバザクラとハナモモ、春の共演 恵那峡の里

岐阜新聞Web 4/21(金) 8:20配信

 岐阜県恵那市大井町の「恵那峡の里」で、シバザクラとハナモモが見頃を迎えた。鮮やかな花の共演が観光客を魅了している。
 食品メーカー「木曽路物産」(同町)が、約1万6500平方メートルの所有地を整備し、7年前から公園として無料開放している。約2万株の紫やピンク、白色のシバザクラが辺りを埋め尽くし、競うようにハナモモのピンクや赤色の花が咲き誇る。
 名古屋市から訪れた女性(65)は「シバザクラとハナモモが同じ場所で見られるのは珍しい。素晴らしい眺め」と感動していた。
 5月上旬まで楽しめる。同7日まで「芝桜祭り」を開き、五平餅や花木などを販売している。

岐阜新聞社

最終更新:4/21(金) 11:00

岐阜新聞Web