ここから本文です

浅野忠信さんがいちばん好きなのは「ハコスカ」! 六本木に歴代スカイライン13台が大集合

4/21(金) 6:30配信

オートックワン

スカイラインは今年で生誕60周年!日産で最も歴史が長いモデルに

日産自動車を代表する一台「スカイライン」は、今年4月24日で生誕60周年を迎える。それを記念して東京港区の六本木ヒルズでは4月21日(金)~4月24日(月)まで「SKYLINE TIMELINE」と称した60周年特別イベントを開催する。

[大量画像84枚]懐かしい歴代スカイラインをフォトギャラリーでチェック

クルマ好きならずとも日本人の多くがその名を知るスカイラインは、日本人の心に強く残る名車のひとつと言っても過言ではない。1957年に『プリンス・スカイライン』として生を受けて以来、現行型で13代目を数える息の長いモデルネームとなったが、日産のかつてのビッグネーム「サニー」「ブルーバード」「ローレル」「セドリック」「グロリア」などが惜しまれつつも消えてしまった現在では、日産車の中でも最も歴史ある車名になっている。世界のクルマ全体で見ても数少ない長寿ネームといえよう。

会場には「スカイライン」の伝統を継ぐ歴代モデルがずらり

60周年記念イベント「SKYLINE TIMELINE」の開催場所となる六本木ヒルズアリーナでは、当時の最先端技術を数多く採用した画期的なクルマだった初代スカイライン ALSI型から、現行モデルのV37型まで全13世代すべてが一堂に集結。スカイラインや日産ファンならずとも、ドキドキワクワクする光景を展開した。モデルチェンジを繰り返しながら多くのユーザーに愛され続けてきたスカイラインは、日産にとって大変貴重な存在。日産のモノづくりのプライドを示すクルマとしても重要なクルマだ。

スカイラインはこの60年間の間、姿形やボディサイズ、排気量、搭載するエンジンなどを変えつつも、登場以来一貫して「最先端テクノロジーで走りを磨き、ドライバーの心を紅葉させる志(こころざし)」を受け継いでいるが、並べられた各モデルからは確かにそのアイデンティティが強く感じられるようだった。

V35型以降は搭載エンジンが直6からV6になり、性格もより一層高級グランドツーリングカーとしてのイメージを強めたため、スカイラインとしてのイメージにそぐわない、という意見も一部にあるのだが、スカイラインを「当時の日産が持つ最先端技術を余すこと無く投入して、その時代を創造してきた高性能スポーティセダン」として定義づけたとき、13世代どのモデルも、スカイラインという定義からは外れていないのである。

また、スカイラインの特徴は、世代ごとに型式や愛称で呼ばれるのが多いことがあげられる。3代目はC10型・ハコスカ、4代目はC110型・ケンメリ、5代目はC210型・ジャパン、5代目は・・・など、記憶の中には世代数よりも型式、愛称が先行する。これはスカイラインというモデルが常にユーザーの憧れであり、熱い想いに支えられ続けた証であろう。

1/3ページ

最終更新:4/21(金) 6:30
オートックワン