ここから本文です

1分で「がん細胞」を破壊し、副作用もない「光免疫療法」。注目の世界的研究者に単独取材!

ホウドウキョク 4/21(金) 10:10配信

オバマ前大統領が、2012年の一般教書演説で世界に誇った革新的ながん治療法「光免疫療法」。その世界的研究者に現地ワシントンで単独取材しました!

この記事の動画を見る

がん治療を根底から変革!主導する日本人研究者にすべてを聞く!

ホウドウキョクの水曜夜の人気コーナー【ニュースなヤマイ】で昨年、がんの革新的治療法「光免疫療法」を渡邊千春ドクターが解説したところ、なんと、その研究を主導するアメリカ国立衛生研究所(NIH)の主任研究員である小林久隆先生が、ワシントンで【ニュースなヤマイ】を観ていました!

直接お礼のエアメールが届き、さらにNIHへの招待を。渡邊ドクターが早速現地へ赴き、単独取材に成功しました!

がん細胞だけを極めて『選択的』に破壊

従来のがん治療法である「外科手術」は身体への負担が大きく、「放射線療法」「化学療法」には副作用があります。それらの治療は、がん細胞だけでなく、正常細胞や周囲の臓器も傷つけるからです。

一方、「光免疫療法」は、がん細胞だけを極めて『選択的』に攻撃し、破壊します。この治療は、「近赤外線」という光を使ってがんを破壊するものです。「近赤外線」とは、TVのリモコンや赤外線通信などに用いられている無害な光線。さらに、がん細胞だけに特異的に結合する抗体というたんぱく質と、その抗体と対になっているIR700という色素がポイントとなります。

IR700は近赤外線を照射すると、そのエネルギーを吸収し、化学反応する性質を持っています。

小林先生
近赤外線に反応して化学反応を起こすIR700を、がん細胞のところまで抗体に運んでもらうのです。


IR700と一体となった抗体を、静脈注射で体内に入れます。すると抗体はがん細胞と結合します。結合した抗体に近赤外線の光を照射すると、IR700が化学反応を起こします。
化学反応で変化したIR700は、がん細胞の膜にあるたんぱく質を変性させ、細胞膜の機能を失わせます。すると1~2分という極めて短時間で、がん細胞は膨張~破壊されるのです。


小林先生
IR700の化学反応で、がん細胞の細胞膜が壊れて膨らんでくる。膨らみ過ぎると破れて、がん細胞が破壊されます。

1/3ページ

最終更新:4/21(金) 11:22

ホウドウキョク