ここから本文です

豪州 原料炭供給、復旧早まる

4/21(金) 11:55配信

日刊産業新聞

 豪州の原料炭供給の復旧が想定より早まる可能性が出てきた。豪クイーンズランド州で原料炭輸送を手掛けるオライゾンは主要な鉄道路線、グニエラ線の再開日を4月26日に改めた。深刻な被害を受けて5月8日以降としていた従来から10日以上早めた。運行速度を制限するなど、フル稼働とはいかないようだ。スポット市場も様子見ながら、トン300ドル(3万2600円)を切る指標もあるという。日本の高炉はまだ楽観できないと慎重にみており、なお状況を見極める必要がある。

最終更新:4/21(金) 11:55
日刊産業新聞