ここから本文です

米露の宇宙飛行士、宇宙ステーションに到着 笑顔見せる

4/21(金) 8:01配信

sorae.jp

昨日4月20日にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地からISS(国際宇宙ステーション)へと飛び立ったJack Fischer宇宙飛行士(前列右)とFyodor Yurchi宇宙飛行士(前列左)ですが、二人は無事ISSへと到着し、他のクルーとの合流を果たしました。
 
ベテランのロシア出身のFyodor Yurchi飛行士とNASAのJack Fischer飛行士は、すでにISSに滞在していた3人の飛行士と合流して第51次長期滞在クルーとしてミッションにあたることになります。打ち上げからISSへの到着までの経過時間は6時間ほど。Fischer飛行士は「とうとう宇宙トイレにたどり着いたよ」と、なんだか緊張しているような微妙なコメントを残しています。
 
なお、すでにISSに滞在していたのはNASAのPeggy Whitson飛行士、ロシアのOleg Novitskiy飛行士、そしてフランスのThomas Pesquet飛行士。また今回のFyodor Yurchi飛行士とJack Fischer飛行士は2017年9月に地球に帰還する予定となっています。

最終更新:4/21(金) 8:01
sorae.jp