ここから本文です

外務省、フランス大統領選挙で渡航者に注意喚起、投票所や集会は避ける行動を呼びかけ

トラベルボイス 4/21(金) 14:17配信

外務省は、フランスで23日から実施される大統領選挙に伴う注意喚起を発出した。マルセイユ市では4月18日にテロ計画の容疑でフランス国籍の男性2名を逮捕。テロ計画は4月23日の第1回投票日前日を狙った内容だったとしている。また、20日にはパリ中心部のシャンゼリゼ通りで、警察官が自動小銃で襲撃される事件が発生している。

今回の大統領選は、4月23日の第1回投票日が予定されており、そこで過半数を獲得する候補がいなかった場合は5月7日に第2回目の投票を実施。その後5月中に新大統領就任式が催される見通し。投票時間は8時から20時まで(一部の都市は18時まで)。

外務省ではこの状況を受け、フランスへの渡航者と滞在者に向け、投票所やその周辺、候補者の演説や関連集会、選挙事務所付近には不必要に近づかないよう注意を促している。

また、滞在が3ヵ月未満の渡航者は外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録を、3ヵ月以上の滞在者は「在留届」の提出をおこなうことで、連絡先を外務省に登録してほしいとしている。

・「たびレジ」登録(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/)
・「在留届 電子届け出システム(ORRネット)」(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/)
・海外安全パンフレット・資料(http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html)

トラベルボイス編集部

最終更新:4/21(金) 14:17

トラベルボイス