ここから本文です

地球最接近の小惑星2014・JO25を撮影 ぐんま天文台

4/21(金) 6:01配信

上毛新聞

 群馬県立ぐんま天文台(高山村中山)は20日、19日夜に地球に最接近した巨大小惑星「2014・JO25」の撮影に成功したと発表した。

 アポロ群に属する直径約650メートルの小惑星で、19日午後9時24分、月までの距離の約4.6倍に当たる約180万キロの近距離を通過した。3種類の望遠鏡に天文用カメラと一眼レフカメラを取り付けて撮影した。

 前回地球に接近したのは400年ほど前で、次に接近するのは2600年以降とされる。

最終更新:4/21(金) 6:01
上毛新聞