ここから本文です

マドゥロ大統領退陣要求、カラカスは連日の抗議デモ

ロイター 4/21(金) 12:32配信

 反政府デモで学生など3人が死亡したばかりの南米ベネズエラで4月20日、ニコラス・マドゥロ大統領の退陣を要求する大規模抗議デモが全土で再開された。
 カラカスで行われた前日の反政府デモには数万人が参加。独裁寸前のマドゥロ政権に抗議するデモとしては、ここ数週間で最大規模となった。
 政府は、マドゥロ政権打倒を企てる米国に後押しされた無法なデモだとして、反政府派を非難。
 これに対して反政府派は、長期政権を目論むマドゥロ大統領が反対派を弾圧し、州政府の自治を妨げていると反発。
 反対派は前日同様、カラカス市内の20数カ所に集まって、州のオンブズマン事務所へのデモ行進を支持者に呼び掛けた。前日の反政府デモでは、学生2人と州兵1人が死亡した。

(ベネズエラ、カラカス、4月20日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)

最終更新:4/21(金) 12:32

ロイター