ここから本文です

ジョコビッチ 第13シードに苦戦も、モンテカルロ2年ぶり8強<男子テニス>

4/21(金) 10:17配信

tennis365.net

モンテカルロ・ロレックス・マスターズ

男子テニスのモンテカルロ・ロレックス・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は20日、シングルス3回戦が行われ、2年ぶり3度目の優勝を狙う第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第13シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)に苦戦するも6-2, 4-6, 6-4のフルセットの末に勝利し、2年ぶり8度目のベスト8進出を決めた。

【モンテカルロ・マスターズ対戦表】

ジョコビッチはこの試合、2度のブレークに成功して第1セットを先取したが、第2セットではミスが目立ち、3度サービスゲームを失いセットカウント1-1に。

その後、ファイナルセットでは第10ゲームで2度目のブレークに成功し、2時間26分で勝利をおさめた。

準々決勝では、第10シードのD・ゴファン(ベルギー)と対戦する。両者は今回が6度目の対戦で、ジョコビッチの5連勝中。ゴファンは、3回戦で第6シードのD・ティエム(オーストリア)を下しての勝ち上がり。

今季、ここまでジョコビッチが獲得したタイトルは、1月のカタール・エクソンモービル・ オープン(カタール/ドーハ 、ハード、ATP250)のみ。今大会は右肘の故障から約1カ月ぶりの復帰である。

過去のモンテカルロ・マスターズでは、2013年にR・ナダル(スペイン)の9連覇を阻止して優勝。2015年は決勝でT・ベルディヒ(チェコ共和国)を破りタイトルを獲得したが、昨年は初戦でJ・ヴェセリ(チェコ共和国)に破れる大波乱に見舞われた。

同日の3回戦では、第1シードのA・マレー(英国)と第3シードのS・ワウリンカ(スイス)、第6シードのティエムが敗れる番狂わせが起きた。第4シードのR・ナダルと第5シードのM・チリッチ(クロアチア)はベスト8進出を果たしている。

tennis365.net

最終更新:4/21(金) 10:17
tennis365.net