ここから本文です

ソユーズ打ち上げ、ロの人員削減で1人分空席のまま

ロイター 4/21(金) 14:01配信

 米ロ2人の宇宙飛行士を乗せたロシアのソユーズ宇宙船が4月20日、中央アジア・カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。
 宇宙船には、米航空宇宙局(NASA)の米国人宇宙飛行士とロシア人宇宙飛行士の2人が乗り込み、1席空のまま、地上から約400キロ離れた宇宙を周回する国際宇宙ステーションまで6時間の宇宙旅行に出発した。
 ロシアは、計画していた科学実験室の打ち上げが大幅に遅れており、来年に予定されている打ち上げまで、宇宙ステーションに長期滞在する宇宙飛行士の数を1人削減した。

(カザフスタン、バイコヌール、4月20日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)

最終更新:4/21(金) 14:01

ロイター