ここから本文です

東武鉄道 新型特急「リバティ」の運行始まる

TOKYO MX 4/21(金) 20:03配信

TOKYO MX

 東武鉄道が26年ぶりに導入した新型特急「リバティ」が21日から運行を開始しました。観光だけでなく、通勤・通学も利便性が向上するとして周辺の自治体も期待を寄せています。

 早朝の浅草駅に集まったたくさんの人たちがカメラを向けるのは、シャンパンベージュを基調としたデザインの新型特急「リバティ」です。導入により、浅草から日光、会津などへのアクセスが充実し、観光客が増加すると期待されています。

 東武鉄道の根津嘉澄社長は「(日光や会津エリアとの)懸け橋になるよう、東武グループとして全力を挙げたい」とあいさつしました。また、出発式に出席した東京・台東区と墨田区の区長も「国際観光都市を目指す上で大変、大きなこと」と歓迎しました。

 通勤時間帯の浅草と春日部、大宮などとの近距離区間の特急も新設され、通勤・通学時の利便性の向上が見込まれています。

最終更新:4/21(金) 20:03

TOKYO MX