ここから本文です

異業種交流組織・BNIに山口市域支部

4/21(金) 14:04配信

宇部日報

県内2番目

 米国発祥の異業種交流組織・BNI(ビジネス・ネットワーク・インターナショナル)の山口市域支部に相当するBNIキラウエア・チャプターが20日、発足した。現在の会員数は38人。毎週の早朝定例会で、それぞれのビジネスをPRし、事業拡大と人脈づくりにつなげていく。

 BNIは「与えるものは与えられる」を理念に、会員間の強い結び付きの中で、個々の事業の拡大や課題解決につなげる組織。世界73カ国に7800を超えるチャプターがある。県内では昨年8月の周南市に次いで2番目の発足となった。チャプターの会員は、1専門分野につき1人に限定。キラウエア・チャプターには、山口市周辺市町も含め保険、不動産販売、旅行代理店、法律事務所など多様な業種の経営者らがそろった。

 発足イベントは同日午前7時から、湯田温泉4丁目のホテルかめ福で開かれた。会員をはじめとする地元や県内外の経営者ら約200人が出席。県全体を統括する山口リージョンのディレクターコンサルタントを務める加藤隆之さんが、組織の理念などを説明した。名刺交換や、会員による自社のアピールもあった。

 加藤さんは4年以内に県内に18支部を立ち上げる考えを示した。
会長(半年交代制)には耳つぼダイエット「メディカルスリム葵」の岩崎成実さんが就任した。同チャプターでは、毎週木曜日の午前7時から同ホテルで定例会を開き、各回全員がプレゼンテーションをして、人脈づくりやスキルアップにつなげる。

最終更新:4/21(金) 14:04
宇部日報