ここから本文です

ニトリ、通販強化へ 22年までに倍増500億円目指す

北海道新聞 4/21(金) 11:00配信

ロボット倉庫で物流強化

 家具・インテリア製造小売り最大手のニトリホールディングス(HD、札幌)の似鳥昭雄会長は19日、東京都内で北海道新聞のインタビューに答え、インターネットなどの通信販売を強化し、2022年までに現在の2倍を上回る500億円の売り上げを目指す考えを示した。

【動画】ニトリ芸術村開業 小樽に光の美

 同社は ネット通販 を04年に始めた。17年2月期の売り上げは約220億円で、全体の売上高に占める割合は約4%。昨年はインターネットで購入した商品を店頭で受け取れるサービスを始め、物流拠点では商品の積み下ろしを自動化する「ロボット倉庫」を導入した。

 だが、宅配便最大手のヤマト運輸が人手不足のため値上げを決めるなど外部環境は悪化。似鳥氏は物流コストの増加は年間約30億円に上るとの想定を示し、「通販は売り上げの10%にしたいが現状ではそこまでは難しい」との認識を示した。

北海道新聞

最終更新:4/21(金) 11:00

北海道新聞