ここから本文です

津久井やまゆり園 旧施設の入所者 移転先への転居が完了

tvkニュース(テレビ神奈川) 4/21(金) 19:03配信

入所者19人が殺害された相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」の入所者40人が、21日横浜市内の施設へ転居し、園の取り壊しに伴う移転が完了しました。

横浜市港南区にある移転先の「津久井やまゆり園芹が谷園舎」には、入所者40人がバス2台に分かれて入りました。すでに59人が入居していて、事件後別の施設に移っていたおよそ10人とあわせておよそ110人が今後4年間、生活する予定です。芹が谷園舎は先月閉鎖した県立施設を改修したもので、個室や3人部屋などが配置された6つの居住棟と、入所者が日中過ごす活動棟に分けられています。「津久井やまゆり園」をめぐっては、当初、県が打ち出した同じ規模で建て替える案に障害者団体などから反対意見が相次いだため見直しが進められていて、県はことし6月にも構想案をまとめる方針です。

tvkニュース(テレビ神奈川)

最終更新:4/21(金) 19:03

tvkニュース(テレビ神奈川)