ここから本文です

まだやる? 中国得意のパクリ? それともオマージュ!? 上海モーターショーで出会った「似てる」車たち

オートックワン 4/21(金) 12:30配信

なんかどこかで見かけたような・・・??

一時期ほどの勢いはなくなった?とも言われているが、街中を走っている車はもちろん、今回の上海モーターショー2017でも、「なんかどこかで見かけたような??」という車がすごく多い。とくに、中国自動車メーカーの中でも、比較的新しいメーカーが、そのような「似てる」車を作る傾向が強いようだ。

マカン? イヴォーク!? 激似過ぎる中国車を画像でもチェック![フォトギャラリー]

もちろん、中国は世界の主要自動車メーカーとの合弁会社も多いので、既存メーカーの車両とプラットフォーム共有をしている車や、本家のモデルをそのまま中国ブランドで販売している例もある。こちらでは、上海モーターショーで来場者の注目を集めていた5台の「激似」モデルを紹介する。

「日産 リーフ」に激似なのは当たり前・・・「ヴェヌーシア e30」

先に謝っておくが、こちらは”パクリ”ではなく、中身は本物の「日産 リーフ」。東風汽車と日産自動車との合弁会社東風日産が2010年から展開するヴェヌーシア ブランドで「ヴェヌーシアe30」として販売されている。さすがにここまでそっくりのパクリ車はたとえ中国車であっても、許されないはず。

なお、今年2月、東風日産の一ブランドであったヴェヌーシアは独立し、新会社「東風啓辰」を設立。中国は今、空前の電気自動車ブームらしく、日産リーフのように高品質で実績のあるEVは、中国での人気も高いのだ。

これが話題の”なんちゃって”ポルシェ マカンだぁ!「ZOTYE SR9」

パクリメーカーとしておなじみの中国ZOTYE(ゾタイ)オートが生産・販売するSUV「SR9」である。

全長4744×全幅1929×全高1647mm、ホイールベース2850mmのFF車で5MTと6DCTをラインナップする。本家のポルシェ・マカンは全長4680×全幅1923×全高1625 mmなので、SR9より少し小さいが、見た目のサイズ感はほぼ同じ。

ZOTYE社は上海モーターショー2017にピンクのド派手なSR9を出展すると発表していた(ドイツ・ポルシェ社が大激怒した、という噂もあり?)が、実際、会場に展示されていたのはスタンダードなブルーのボディだった。いずれにせよ、本家と見比べてみても、かなり似ているのが良くわかる。

ちなみにSR9に搭載されるエンジンは全車、三菱製2.0リッターターボ(4G63T)で、こちらは本物の三菱製(笑)。

1/2ページ

最終更新:4/21(金) 17:09

オートックワン